Everyday(エブリデイ)などの副業が注目される理由って何?

エブリデイ

2017年以前はサラリーマンの副業はほとんどの企業が禁止されていました。
しかし2017年10月に厚生労働省が「柔軟な働き方に関する検討会」を開催し、12月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を提示したことにより副業を認める企業が多くなってきたのです。

なぜ今、副業が注目されるようになったのかは働き方改革や年金問題などの様々な要因が大きいです。
雇用者側である企業が副業を許可することも多くなっています。
そんな副業の中で最も私がオススメするのがEveryday(エブリデイ)です。

Everyday(エブリデイ)は作業時間も短く即金力もかなり高いので本当におすすめです。

Everyday(エブリデイ)公式サイト

雇用者側が副業を許可する理由

副業を解禁することにより、雇用者側である会社にも実はメリットがあります。
そのメリットは3つです。

  • 会社のPR効果
  • 優秀な人材の獲得
  • 経済活性化

会社のPR効果に関しては、働き方改革を進めている、様々な働き方を認めている先進的な企業としてのイメージ向上があります。

優秀な人材の獲得ですが、自社で仕事を行いながら副業でスキルアップできるようなモチベーションも高くスキルも高い人材を採用できる可能性があります。
また、副業を解禁していることで他社から優秀な人材が流れてくることもあります。

経済の活性化についてですが、副業により従業員が豊かになれば消費が増えて景気の回復が見込めます。
自社の製品やサービスの売上増加にも繋がるのです。

副業を許可しない会社も

働き方改革でかなり副業割合が高くなっていますが、それでも許可をしない企業も多いです。
理由としてはこのようなものになっています。

  • 情報漏洩のリスク
  • 本業がおろそかになる
  • 独立する可能性

情報漏洩についてですが、例えば本業と類似の業種であれば情報漏洩のリスクが高まってしまいます。
会社の独自の技術などが流用されてしまう可能性もありますからね。

本業がおろそかになるというのは、副業に注力してしまうことにより体力や集中力が割かれてしまい本業がおろそかになってしまう可能性があります。

最後の独立ですが副業が軌道に乗った結果、優秀な人材が退職して独立してしまう可能性があります。
育てた人材が流れてしまうのでリスクとなってしまう訳ですね。

この中でも2つ目の本業が疎かになるという部分ですが、これはEveryday(エブリデイ)のような副業であれば軽減できます。
Everyday(エブリデイ)は実際の作業時間は1日10分程度となっていますので本業を疎かにすることはありません。

Everyday(エブリデイ)はとても簡単

結局のところ副業をしたくても始められない人の問題は、会社が許してくれないから、本業を疎かにしてしまうからの2つが多いと思います。

しかし、Everyday(エブリデイ)は在宅可能で作業も非常に簡単な副業となっています。
なので副業で体力や集中力が心配になっている方も安心してください。
Everyday(エブリデイ)ならば誰にでもできるくらい簡単に副業ができます。

Everyday(エブリデイ)は登録も非常に簡単で、LINEアカウントさえあれば誰でもOKです。
公式サイトからLINEの友達登録をすることにより、登録が完了です。

今までのネットビジネスですと、個人情報を色々と入力しなければいけないものが多かったです。
ですがEveryday(エブリデイ)の場合、LINEで友達登録すればそれで登録完了となっています。
しかも登録は無料となっていますので登録しても損はありません。

皆さんも是非この機会にEveryday(エブリデイ)を利用して副業をはじめてみませんか?
必ず満足できる結果になるはずです。

Everyday(エブリデイ)公式サイト

コメント